「プリティウーマン」を観てぶち上がり、「ピース オブ ケイク」を観て、不安になる。

恋愛映画は、だいたいハッピーエンドのような形でおわるが、物語のそのあとの2人はどうなってしまうんだろうか。

2人は死ぬまで一緒に幸せに暮らすかもしれないし、くだらない喧嘩をしてあっけなく別れてしまうかもしれない。ピースオブケイクを見てるとそんな心配に包まれて、胸が詰まって、不安になった。日本の恋愛映画は途中のすったもんだが生々しすぎる。
多部ちゃんも綾野剛さんも素晴らしい演技だったから、主人公の女の子に、感情移入してしまって、とても辛い気持ちになった。