麺熱、肉熱を終え、いまは韓国熱。参鶏湯とチゲスープをよく食べている。キムチを自分でつけてみようと思っている。このへんは冬にまたじっくり献立てみよう。いまは夏に集中しなくては。おそらくこの韓国熱も今週で冷める気がするので、残る夏は麺熱にもどって、素麺やら冷麺でバリエーションの研究と夏野菜を味わってからのフィナーレ、という予感。ほんと、日本に生まれてよかった。季節が変わり、食材も変わっていく。


夏はよい。
なにがいいって短いうえに、望まなくても毎年来る。
来る前には、海だキャンプだ希望に胸を膨らませ、去る頃にはほんのちょっぴりさみしさを残す。さいこ〜!
この短さにどれだけの人々がロマンを積んでいるだろうか。
冬のようにだらだらといつまでもいない。
この夏もあと2週間かぁ。