きょう、25時のとき、真っ暗な空、冷たい空気、すこしお酒をのんで、部屋に帰るまでのあの道、とても一人ぼっちだと思った。それがなんとなく自由で、嬉しかった。