ラストスパートを精神的にいかに穏やかな状態で乗り切るか、それに全力をかけている。

食事と睡眠は死守し、運動は軽めにリラックスできる程度に。暑ささえも味方にする気持ちで、ささやかな楽しみとしてアイスカフェオレ、氷菓、冷やし麺、激辛フード、とかで夏気分を味わい、気分をあげる。

クーラーには気をつけて、できないことは無理せずに素直に人に頼る、など。

でも、こういうことを決めてる最中にもすでに体に力が入っていたりして、あー、、こうゆうふうに、こうしなくてはああしなくては、と決めすぎるのも良くないよなぁとも思ったり。

まぁ、慣れだろう。来年、再来年と、だんだんに慣れていければ。日程にあわせて精神をもっていけるように。そう考えるとスポーツ選手はほんとうに凄い。スポーツ選手に限らず、自分のやるべきことに、毎日誠実に取り組む世の中の全ての人たちを尊敬する。


久しぶりにアルバムを作る、という状況に、ここのところなにもかもが、力みすぎて、なんだか勝手にひとりで闘いにでるような気分になっていた。

でも、もう、そういうことではないのだな。

お客さんや、制作チームやバンドメンバー、友達、がいつも応援してくれたり支えてくれたり、笑いかけてくれたりするということだけで、じゅうぶんと思う。

自分は毎日をとにかくこなし、楽しみ、発見し、素直に浮き沈みし、いろんな出来事を見て、感じ、そうゆうものを、少しでも歌詞やメロディや歌声に還元していきたい。それを心の真ん中に置いていく。