3年ほどの前の話。その頃、お世話になっていた音楽関係者の方から、京都の車折神社のお守りをいただいた。そのお守りをいままでの、3年ものあいだ、ギターにつけて過ごしていたのだけど、その方は、わざわざ私のために、出向いてお祈りのお参りをしてくださっていたので、いつか自分もちゃんと自らの足で車折神社に出向いてお参りをさせてもらいたいとずっと思っていた。時がたってしまったけれど、先日行ける時間があってお参りに行ってきた。


車折神社には、日本最古の踊り子の神が祀られていて、芸事を志す人たちが日本中から訪れるらしい。自分は、いただいてからいままで身につけさせてもらっていたお守りを返納し、あたらしいお守りを購入して両手に挟んで強く願いを込めてみた。レコーディング期間なので、そのまま祈祷してもらい、心を引き締めた。

嵐山の夏は気持ちの良い暑さだった。
これが自分の、ささやかな、今年の夏の思い出だとおもう。