久しぶりに冷やし素麺でも食べましょうかと、麺つゆに、茄子、アボカド、玉ねぎ、茗荷、ごま油、山葵を入れて。久しぶりの細い麺で、感動の夏あじ。この、ごま油がいいんだよねえ。この素朴な献立は、今年の儚い夏へのささやかな希望。



きょうはヨーガの説明を受けてきた。
というのもここ最近、緊張症がひどくなっていて、心も体も硬直してしまうので、悩んでいろいろ調べてヨーガにたどりついた。あとは昔からの生理不順と冷え性のことも引っかかっていたので将来のことを考えてちょっとでも良い方向に向かえば、と思って。

昔から、自分のなかの、ありとあらゆる小さなことをひとつひとつ無視してきた。精神的なものから身体的なものまで。
だけどその、自分の心や体のことで無視してきたものって、そのまますぐに、もしくは、何十年もかけて、外の世界にいろんな形であらわれて、自分に知らされていくものだということを最近なんとなく実感していて。
そんななか、毎日のいろんな出来事や、仕事で関わる人達とのやりとりを一つ一つ大切にしていきたいと強く思うほど、自分の根底の心身の問題をそのままにし続けてたらまずいな、と思って。

音楽をつくり出すエネルギー、それをときはなつエネルギー、それらを繰り返し続けるエネルギー、それが保管できるのは、この我が身ひとつだけ。今まで知らんぷりしてきた心と体のことに、ひとつひとつ向き合っていけたら。だって、もっともっと楽しく自然体に、たくさんの人の前で、歌をうたっていきたいわけなのだし。